毛穴を目立たせている原因とは?

毛穴は20代の比較的若い女性であっても、気になる悩みとなっていることが多いもの。
特に小鼻の周りの毛穴は目立ちやすく、年齢と共にそれは頬などの広範囲に広がってしまいます。
実はこの毛穴の悩みは、間違ったメイクの仕方に問題があるパターンが多いです。
毛穴を隠そう隠そうとする行為が、返って開きやすく、目立ちやすい状態を作っていることもあります。

まず、メイク前の毛穴ケアはしっかり出来ているでしょうか?
メイクする前に大事なのは、肌の保湿です。
乳液やクリームを多く付けると、そのべたつきからメイクがし難いと感じる人も多いでしょう。
そのため、化粧水はたっぷり付けても、乳液や保湿クリームを控えめにしている人もいます。
しかし、肌の乾燥は化粧崩れの大きな原因になってしまいます。
化粧が崩れると毛穴も見えてしまいますし、乾燥そのものも毛穴問題には大敵です。
べたつくのが気になるのであれば、スキンケアしてからメイクするまでにしばらく時間をおいてみましょう。
しっかり浸透したところでメイクを始めれば問題はありません。
化粧乗りもアップするので、スキンケアからメイクまでの時間は余裕をもっておきましょう。

また、毛穴を隠そうとしてベースメイクを厚塗りしてはいませんか?
たくさん付ければその分カバー力もアップする、という解釈は大きな間違い。
むしろ皮脂の多い鼻回りはベースメイクは薄くするべきなんです。
ファンデーションには油分が多く含まれています。
そのため、Tゾーンに塗りすぎると油の量が許容範囲を超えてしまい、化粧崩れがおきます。
化粧直しするときも、毛穴を隠す為にその部分に上塗りしてしまうことも多いでしょう。
特にパウダーファンデーションは簡単に上塗りすることができてしまうので、毛穴の目立ちを悪化させがち。
やってはいけないNG行動ですので要注意。
もしどうしても隠したいのであれば、油分を含まないベビーパウダーなどがおススメ。
毛穴を塞ぐことができるのに肌に優しく油分がないので、程よく馴染んでくれます。
ベビーパウダーにも固形タイプでパフが付いたものが売られています。携帯するのも塗布するのも便利ですよ。

毛穴は、隠せば隠すほど目立ってしまうという厄介なもの。
気にし出すと、余計に目立つように感じてしまったりもしますよね。
しかし、化粧崩れの起きる原因やNG行動をしっかり把握しておけば安心です。
ちょっとした勘違いが、思わぬ原因になっているかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です