美容整形の是非

美容整形には賛否両論の声がありますが、みなさんはどのように感じていますか?
最近では簡単な施術で体への負担も少ない「プチ整形」というものもあり、人気を呼んでいます。
二重まぶたにすることくらいだったら、メスを使わずに簡単に出来てしまうんです。

私個人的には、美容整形自体を絶対反対とは言えません。
以前フジテレビで、ビューティーコロシアムという番組を放送していましたが、
その番組内に登場する整形志願者の女性たちは皆、自分の容姿が原因で辛い体験をしてきた人ばかり。
いじめられたり、陰口を言われたり、就職先が決まらなかったりすることもあったのだそう。
メイクやファッションなどの自分なりの努力では変えられない、顔そのもの。
心ない人によって顔の目鼻立ちを揶揄されるのは、女性として耐えられないことだと思います。
このようなパターンは、止むを得ない事情のようにも感じられます。
「親から貰った顔」という言い方をしますが、それによって本人の人生が辛くなってしまうのであれば、
親の気持ちとしても何とかしてあげたいと思うことも、少なからずあるでしょう。

しかし、最近ではメイク方法のひとつであるかのように、安易な捉え方をしている人が増えています。
何度も何度も整形を繰り返して取り返しの付かないことになるパターンもあるんです。
芸能人でも整形をしていることをオープンに話す人が増えたのも、その原因のひとつでしょう。
整形手術の技術が向上して、安心・安全が謡われています。
それも「簡単にリスクなく外見を変えることが出来る」という、間違った解釈に繋がっているように思います。

それに、完璧な顔を求める人がまれにいますが、その完璧な顔の基準は人によって違います。
自分の思う完璧と、他人から見る完璧は全く違うもの。
大金をかけて自信を持てる顔や体を手に入れても、それが社会的な武器になるかどうかは別です。
また、念入りな計画を立てても美容整形によって自分の理想の顔になれる保障は100%ではありません。
メンテナンスにもかなりの手間とお金がかかり、その場だけの問題でもなくなります。
長期間にわたって、整形に付き合い続けていかなくてはならないんです。

それ相当の覚悟を持って美容整形に挑むなら良いですが、やはり安易な考えでは後悔が絶対に付きまといます。
自分だけのことではなく、周囲の人の理解や偏見にも向き合っていかなくてはなりませんよね。
取り返しの付かないことになる前に、自分に美容整形が必要なのかどうか考えてみて欲しいとも思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です