顔そりをするペース

顔にも、よく見てみると薄っすらと産毛が生えているのがわかります。
肉眼ではあまりはっきりと見えないので、ほったらかしにしている女性も多いのですが、実際に顔そりをして産毛を除去してみると、肌のトーンがアップするので驚いてしまいます。

くすんでいるように見えていた肌も明るくなりますし、ファンデーションを塗ったときにノリがよくなるので、一度試した方は続けているようですよ。
キレイになることというと、ついつい小マメにやりたくなるのですが、顔そりはあまり頻繁にやらない方がいいでしょう。
理由は、ムダ毛をキレイに剃っているというだけでなく、同時に角質も除いてしまうからです。
角質を頻繁に取り除くことは、肌トラブルにつながりますから、毎日やらないようにしてください。

顔そりをするペース、口の周辺は週に1回くらい、顔全体は4週に1回くらいがいいでしょう。
顔そりは継続的に行うでしょうから、これよりも短い間隔で長期的に行うことは、肌に負担をかけてしまう可能性がありますので気をつけてください。

顔そりをしてキレイにしたい日は、出掛ける前などでしょうが、あまり直前にやらない方が無難です。
くれぐれも、当日の朝などは絶対にやめるようにしてください。
目的当日より、2日~3日前のお手入れがいいのではないでしょうか。
2日~3日前でしたら、顔そりで取り除いた角質が回復しますので、肌が美しい状態になって戻っているはずです。

顔そりをする前は、まずよく切れるカミソリを準備し、顔を清潔な状態にしておいてください。
肌へのダメージから守る目的で、乳液や美容液などを処理したい箇所に塗っておきます。
鏡を見て、産毛の生えている流れを確認したら、流れに沿って処理します。
毛の生える流れに逆らって剃ると、肌に負担がかかってしまうので、同じ方向に処理するというのが基本です。

顔そり終了後は肌が敏感な状態なので、アフターケアを行って、肌の負担を和らげましょう。
美容液や保湿成分を豊富に配合した化粧水などで、肌をうるおします。

産毛がなくなっただけで見た目がキレイになるので、アフターケアをおろそかにしてしまいがちですが、美容液や化粧水などでの保湿はわざわざ面倒な手間をかけるだけの意味はあります。
美肌維持のためだと思って、必ず行うようにしてみてください。
肌は、正しいお手入れを続けていれば応えてくれるものです。
少し大変に思えることがあっても、無理しない範囲で続けていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です