食べ合わせで体系維持

ダイエットに対して知識を多く求める女性は多いですが、体系維持への意識はいかがでしょうか。
いくらダイエットをしても、その体系を維持し続けなければ意味がありません。
痩せては戻り、痩せては戻り、の繰り返しは体にも悪影響ですしストレスも感じます。
そこで、普段から太りにくい食べ方をするように心がけてみることをおススメします。

しっかり食べたいものを食べつつも、それを上手く燃焼させたり、消化できるようにするのがポイント。
例えば、焼肉を食べるのであれば、お肉を食べる前にキムチを食べておくようにしてみましょう。
キムチは発酵食品なので、乳酸菌が豊富に含まれています。
乳酸菌は体の新陳代謝を活発にする働きを持っています。
高カロリーなものを食べる前に乳酸菌をとっておくと、脂肪の吸収を抑えてくれます。

また、忙しく働く女性はコンビニのお弁当などを食べることも多いですよね。
コンビニ弁当はカロリーもそれなりに高いですが、それと一緒に温かい汁物や温かいウーロン茶などを飲んでみましょう。
体を温めることで、脂肪の燃焼を促進します。
痩せることはないけれど、太ってしまう心配は低くなるというわけです。
また、カロリーの低いものは、基本的に体を冷やしてしまうものが多いです。
体系の維持だけでなくダイエット中でも体の冷えは避けたいもの。
食事の際は温かい汁物をプラスしてみましょう。食事としての満足度もアップして一挙両得です。

そして女性に人気の、イタリアン。
友達や彼との楽しい食事では、美味しいものを思う存分楽しみたいものです。
イタリアンの食事にオリーブオイルをかけることで、悪玉コレステロールが脂肪になって吸収されるのを防いでくれます。
特に鮮度の良い、エキストラバージンオイルはその効果も高いです。
家での食事でもオリーブオイルの合うものには加えるようにし、脂肪の吸収を抑えましょう。

このような、食べ合わせで脂肪がつくのを抑えてくれる組み合わせ、実はけっこうたくさんあるんです。
体系維持はとても大事ですが、食べたい欲求を抑え続けるのは不可能ですよね。
食事は娯楽の一つでもあります。
ちょっとした知識を持っておくだけで、普段から無理のない体重管理ができていくというわけなんです。
ただし、脂肪の吸収が抑えられても、食べる量が多すぎれば意味がないのでご注意を。
適量を常に心がけることも大切ですね。
食べ合わせで「痩せる」という考えでも、「いくら食べてもOK」というわけでもありません。
お肉が付くのを最小限に抑える、という捉え方で実践してみましょう。

 

無銭宿泊家族のニュース記事から

先日のニュースで、無銭宿泊を続けていた家族の記事を見ました。
家族は両親が80代、70代で息子は50代。
家賃が払えずに退去させられ、車上生活を続けていた末の行動だったそうです。
宿泊費を後払いに出来ると知って、先延ばしにし続け28日間もの無銭宿泊。
最終的にお金を払うことなく、警察に出頭したとのこと。
なんだか正直、後味の悪い事件だと感じてしまいますね。
この家族は両親も高齢。子供もいい年齢だが無職。
確かに70~80台の高齢者に車上生活は厳しいものがあったのでしょう。
お金を払うことが出来ないと自覚しつつ、この旅館に泊まり続けた28日間、何を思って暮らしていたのでしょう。
高齢のホームレスはかなり増加しています。
私の住む街でも車上生活をするホームレスはよく目にします。
多くの人が高齢者で、若者はほとんど見たことがありません。
公園の駐車場で寝泊りし、公園のフナを釣って食べたりもしているのだとか。
市役所で生活保護の担当をしている知人は、こうしたホームレスの人たちへの対応に頭を悩ませています。
別けあって働けないのか、どうしても働けなくて生活が出来ないのか。
その真相は推測や先入観が入ってしまいますが、普通に自宅があり、仕事があり、健康な体のある自分としては心が痛いような気もします。
しかし、やはりホームレスにはアルコール依存症者がかなり多いと痛感します。
近所のスーパーの屋根下にはいつも酒を飲みながらたむろするホームレスが数人います。
私がリサイクルボックスにアルミ缶を捨てにいくと、すかさず駆け寄ってきて
「それ捨てるの?ならちょうだい」と言ってきます。
屋根下で雨をしのいでいるのか、アルミ缶を捨てに来る人を待っているのか・・・。
自分より20も30も年上の人に、アルミ缶を手渡すのはなんだか複雑でした。
スーパー側もその場所でたむろされることに困っていたようで、あるときからベンチが撤去され
「ここでの飲酒・喫煙はご遠慮ください」との張り紙がされていました。
それ以来彼らの姿は見ていませんが、一体どこで過ごしているのでしょう。
私には関係ないですし、彼らの事情や選択があるのでしょう。
しかし否定も肯定も出来ない存在で、物悲しささえ感じてしまうんです。
このニュースの家族は、どんな状況だったのでしょう。
その真相が分からない限り、この家族のやったことに対する感想を述べることが出来ませんね。
生活保護の話題なども注目されているように、こうした問題は今後加速していくような気がしてなりません。