ガムを噛むとキレイになる

私は食後や小腹の空いたときに、ガムを噛む習慣が付いています。
食事の後は口がさっぱりしますし、たくさん噛むことと少量の甘みでダイエット効果も期待できるんです。
しかし、ガムを噛むことでもたらされる美容にいいことは、実はもっともっとたくさんあるんですよ。

まず、咀嚼することで顎が鍛えられます。
顎周りの筋肉が発達すると、顔がきゅっと引き締められるので小顔効果が期待できます。
実際に私もガムを噛む習慣が出来てから、顎のラインがすっきりしてシャープな印象になったんです。
さらに、パロチンという「若返りのホルモン」が咀嚼によってよく分泌されるようになります。
パロチンはなかなか知られていない物質ですが、実はとても素晴らしい美容効果をもたらします。
全身の細胞分裂を活発にするので、肌・内臓・歯・骨などの様々なものが若返り、再生されるのです。

ダイエットや、食べ過ぎの抑制にもとても効果的。
咀嚼すると脳は「もっと食べろ」という命令を出しません。
満腹中枢が常に刺激されているので、何となく小腹が空いたなどといった無駄な間食を抑えることができます。
食前にガムを噛んでおくと、空腹感が和らいでいる状態なので一気に食べ過ぎたりする心配もありません。
食事と食事の間が長くあいてしまうと、どうしてもお腹が空いてガツガツたくさん食べてしまいがち。
しかしガムを定期的に噛んでおくことで、そんなドカ食いが防止できます。

ただし、ガムを噛んで食事をしっかり摂らないのはもちろんNG。
ダイエット中の空腹しのぎに取り入れるのは良いですが、過激なダイエットに使用しないで下さい。
しっかり食事を摂って、その補助的な役割でガムを噛んでください。

また、ガムをよく噛むと唾液の分泌が促進され、唾液によって歯の再石灰化が促されます。
歯の表面をつややかにし、白くしてくれるんです。
肌の美白には多くの人が気を使いますが、歯のケアは十分できていない人も多いです。
色素沈着が起こってから、歯科でのホワイトニングをするよりもとても効率が良く、経済的ですよね。
もちろん、歯に良いキシリトール配合のガムも、虫歯が出来にくくなるのでおすすめです。
ただし食べ過ぎると、お腹がゆるくなることがありますので注意しましょう。

そして、噛むことで集中力がアップしたり、ストレスが軽減されるという効果もあるんですよ。
仕事中などに噛むと作業効率がアップするかもしれませんね。

ガムを噛むって、こんなにも美容に良いことがあるんです。
顎を使うということは非常に重要なことなのだと感じます。